雑記

高校生でも年収1000万円!?「LINE@」って何?

投稿日:

LINE@

LINE@はLINE公式アカウントとサービス統合されており、現在はLINE公式アカウントとしてサービス提供されています。

広告収入1000万円のアカウント削除容疑で逮捕

最近ネットでこんな記事を見ました。

SNSで年間約1千万円の広告収入を得ていた少年のアカウントを削除したとして、警視庁は、通信制高校の男子生徒(18)=東京都文京区=ら少年3人を電子計算機損壊等業務妨害の疑いで逮捕し、25日発表した。

生徒らは少年と同じ方法で収入を得ていたといい、「自分たちの収入を増やそうとアカウントを譲るよう求めたが断られたので、消去するしかないと思った」と供述しているという。

少年事件課などによると、生徒らは2月22日、東京都内を移動中の車内で、北海道の通信制高校生(18)が管理する情報発信用のSNS「LINE@」のアカウント四つを削除した疑いがある。高校生は、中高生向けのサイトの情報を約3年前から配信。サイト上の広告がクリックされると収入が得られる仕組みで、計約200万人が登録していたという。

朝日新聞DIGITALより】

驚きポイントは

LINE@を利用した広告収入が年間1000万円。しかも高校生で。

正直羨ましいです。これだけの年収があったら就職せずとも生活できてしまいます。高校生でもこんな稼ぎ方が出来る世の中になったのですね。私の高校時代ではとても考えられません。

アイデアや行動次第で、年齢関係なく稼げる時代になったということなのですね。逆に言うと、そういうことが出来ない人は会社に勤めて定年まで働くしかない。新時代と旧時代の稼ぎ方の違いを感じさせられます。

 

で、本題です。

「LINE@」って何?

私は初めて聞きました。「サイト上の広告がクリックされると収入が得られる仕組み」となっているので、Googleアドセンスと同じようなものかな?と思ってしまいます。

そこで、稼げるものには興味があるので調べてみました。「LINE@」についてご紹介します。

「LINE@」とはメルマガのようなもの

公式サイトを見てみるとこんな説明がされています。抜粋です。

日本国内で月間7,900万人(※2018年12月時点)以上が利用しているLINEを通して、お客さまやファンの方にダイレクトに情報を届けられるのが「LINE@(ラインアット)」です。

お客さまに専用アプリのダウンロードや会員登録の手間をかけさせることなく、既に浸透しているLINEで情報発信できることはLINE@の強みであり、メルマガのようなツールに比べ高い効果を得ることができます。

また、アカウント開設や初期利用については無料で行うことができ、気軽に運用を始められることもLINE@の特徴です。

LINE@は、年齢・性別・地域の隔たりなく利用されているLINEを通して、お客さまに情報発信できるツールです。「伝達率の高いメッセージ」、「無料で開設できる」、「クーポンなど販促に必要な機能を手軽に利用できる」ことが特徴です。

LINE@公式サイトより】

私の理解力が足りないのか、ぶっちゃけ一読しただけでは何言ってるかサッパリ分かりません。

細かく切り分けて読んでみると、どうやらLINE@はビジネス目的で「1対複数」の情報発信ツールするものだということが何となく分かりました。イメージは要するにメルマガ。ただ、公式サイトの説明ではメルマガよりも効果が高いとうたっています。

 

「LINE@」で出来ること

LINE@はメルマガのようなイメージですが、メルマガと違って出来ることが色々とあります。

  1. メッセージ一斉配信
  2. 1対1でのトーク
  3.  アカウントページ作成
  4. タイムライン・ホーム機能で不特定多数に情報発信
  5. クーポン作成
  6. リサーチページでアンケート等配信
  7. LINEショップカードでポイントカード作成・発行
  8. 統計情報

色々な機能がありますので、使い方次第で確かにメルマガよりも宣伝効果が高くなりそうです。

 

「LINE@」で稼げる仕組み

では、LINE@でどうやって稼ぐのか。

最初に紹介した記事では、「サイト上の広告がクリックされると収入が得られる仕組み」と記載されています。

この文言だけで解釈すると、アカウントページ作成機能でホームページを作って、Googleアドセンスのようなクリック報酬型広告を掲載していたのかな?という風に思われます。

ブログやホームページに広告を掲載して稼ぐ。普通のアフィリエイトです。特に目新しいことではありません。

しかし、どうやらLINE@では基本的にアフィリエイトは禁止されているようです。場合によっては予告なく一発利用停止にされてしまう可能性も。

規約の抜粋です。

当社は、お客様が以下のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合、お客様によるLINE@の利用を予告なく一時停止し又は何らの催告を要することなくお客様との間の本規約に基づく契約関係(以下「本契約」といいます)を解除して、LINE@の提供を中止することができます。

14.6. LINE@を第三者のための広告媒体として使用する行為(第三者の商品、サービスをLINE@を利用して宣伝することを含みますが、これに限りません)

LINE@公式サイトより】

結局、LINE@でアフィリエイトをするのはオススメできないということです。

 

「LINE@」まとめ

LINE@についてザックリとご紹介しました。

LINE@はビジネス目的のサービスのため、お店をやっている人向けかと思いきや、個人でも利用することができます。使い方次第で高校生でも広告収入を得ることも。凄い世の中になったものです。

ただ、規約上は基本的にアフィリエイトは禁止されているようです。やるなら利用停止のリスクがあることを踏まえて。

正直あまり良さそうではないかな😒登録者数200万人なんて夢みたいな数字ですし。だったら普通にワードプレスなどでアフィリエイトサイトを作るのと変わらない気が。

よく読まれている記事

-雑記

Copyright© 40歳リタイア計画 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.