35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

不労所得で月額13万円を稼いで早期リタイアに挑戦するサラリーマンブログ






『Amazonアソシエイト』と『もしもアフィリエイト』Amazon商品を紹介するときどちらがお得?

Amazonアソシエイトともしもアフィリエイト

 

Amazonの商品を紹介するとき

・Amazonアソシエイト

・もしもアフィリエイト

どちらでも紹介することができます。

 

でも、

どちらで紹介する方がお得なのかな?

何か違いがあるのかな?

と疑問になったことはありませんか?

 

私はメッチャ気になっていました。

以前ザックリと調べて、そのうえで『もしもアフィリエイト』を使っていたのですが、

Amazonアソシエイトに変更しようかな

と最近思い始めました。

 

どちらもメリット・デメリットがあるのですが、

『Amazonアソシエイト』『もしもアフィリエイト』

その違いについて紹介したいと思います。

 

『Amazonアソシエイト』と『もしもアフィリエイト』の違い

紹介できる商品の違い

最大の違いは、紹介できる商品の違いです。

 

  • 『Amazonアソシエイト』:Amazonの商品しか紹介できない
  • 『もしもアフィリエイト』:Amazon以外にも楽天やYahoo!の商品を紹介できる

 

『もしもアフィリエイト』を使うと、Amazon以外にも楽天市場やYahoo!ショッピングの商品が紹介できます。

本来、別々に提携しないといけないものが『もしもアフィリエイト』で1本化できるので管理も簡単です。

 

合わせて『カエレバ』という商品紹介用のブログパーツを使えば、Amazonや楽天市場やYahoo!ショッピングがまとめて紹介できて便利です。

 

こんな感じのリンクが簡単に作成できます。

最低支払額の違い

最低支払額にも違いがあります。

 

Amazonアソシエイトの最低支払額

Amazonアソシエイトの最低支払額は

 

  • Amazonギフト券:500円~
  • 銀行振込:5000円~

 

Amazonギフト券で貰う場合は500円からで交換できますが、銀行振込(現金)で貰いたい場合は5000円以上の収益が必要です。

 

5000円の収益ってかなり大変です。

例えば、紹介料が5%の商品で計算すると、自分のリンクから10万円分の商品を売らないといけません。紹介料1%なら50万円分です。

 

ブログ初心者からすると、

そんなに売れるか?

と心配になる金額ですよね。

 

もしもアフィリエイトの最低支払額

もしもアフィリエイトの最低支払額は

 

  • 1000円~

 

Amazonアソシエイトの5分の1の金額です。

しかも振込手数料は無料なので、振込手数料が引かれることなく1000円まるまる入金されます。

 

 

最低支払額の点では『もしもアフィリエイト』の方が振込が受けやすいですね。

ただ、「Amazonギフト券でも良い」という場合は、500円から支払いを受けられる『Amazonアソシエイト』の方が有利です。

 

紹介料の違い

『Amazonアソシエイト』も『もしもアフィリエイト』も、紹介料は基本的に同じです。

 

ただ、1つ気を付けないといけない点があります。

Amazonギフト券の扱いです。

 

『Amazonアソシエイト』でのAmazonギフト券の扱い

Amazonアソシエイトの紹介料率です。

 

Amazonアソシエイト紹介料率

(Amazonアソシエイト公式サイトより)

 

これによれば

『ギフト券』の紹介料率は4%

 

もし、1万円分のAmazonギフト券が売れれば400円の収益となります。

 

『もしもアフィリエイト』でのAmazonギフト券の扱い

もしもアフィリエイトの紹介料率です。

 

もしもアフィリエイト紹介料率

(もしもアフィリエイト公式サイトより)

 

これによれば、

『ギフト券』の紹介料率は0%

 

なにっ!?

と思いませんでしたか?

私は思いました。

 

『Amazonアソシエイト』なら4%なのに、『もしもアフィリエイト』なら0%

『もしもアフィリエイト』経由でAmazonギフト券がいくら売れても一切収益にはなりません。

 

紹介料率の点では、『Amazonアソシエイト』の方が有利と言えます。

 

『Amazonアソシエイト』のメリット・デメリット

以上の違いから、

Amazonアソシエイトのメリットデメリット

をザックリと紹介します。

 

Amazonの公式サイトはこちら⇒Amazon

 

メリット

  • Amazonギフトカードが売れたときにも紹介料が発生する。
  • Amazonギフトカードであれば収益額500円から交換できる。

 

特に、Amazonギフトカードが売れたときの紹介料は大きいメリットです。

Amazonギフトカードは、

Eメールタイプなら15円~50万円まで自由に金額設定が可能

となっています。

 

数万円単位で購入されることも多くありますし、キャンペーンでポイントバックなどが行われているとまとめ買いがされたりもします。

 

デメリット

  • 銀行振込の場合、最低支払額が5000円~と高額
  • もしもアフィリエイトと違い、Amazonの商品しか紹介できない

 

最低支払額が5000円~というのはなかなかハードルが高いです。

ちょっとお小遣い稼ぎに、という気持ちでは達成は難しいでしょう。

それなりに本格的に取り掛からないと支払を受ける前に諦めてしまうかも知れません。

 

『もしもアフィリエイト』のメリット・デメリット

Amazonアソシエイトと同様に、

もしもアフィリエイトのメリットデメリット

をザックリと紹介します。

 

もしもアフィリエイトの公式サイトはこちら⇒もしもアフィリエイト

 

メリット

  • 最低支払額1000円~とハードルが低い
  • 楽天市場やYahoo!ショッピングなどAmazon以外の商品も紹介できる。
  • Amazonアソシエイト、楽天市場、Yahoo!ショッピングが一括管理・合算できる。

 

ブログ初心者にはどれも魅力的なメリットです。

特に、

  • 楽天やYahoo!と合算できる
  • 最低支払額が低い

この2つによって、ブログ初心者でも比較的楽に支払いを受けることが可能となります。

早いうちに収益を得られると、ブログにもやる気が出ます。

 

デメリット

  • Amazonギフトカードが売れても紹介料が0円

 

これが『もしもアフィリエイト』最大のデメリットです。

これさえなければ『もしもアフィリエイト』1本で行けるのですが…😥

なかなか悩ましい問題です。

 

まとめ

以上、『Amazonアソシエイト』『もしもアフィリエイト』の違いをまとめてみました。

 

どちらにもメリット・デメリットがあって、

こっちが絶対良い!

と言えないところが悩ましいです。

 

個人的には、

  1. 初心者はまず『もしもアフィリエイト』で様子を見て
  2. それなりに収益が得られそうだと感じ始めたら『Amazonアソシエイト』に切り替える

という使い方が良いのかな?という感じです。

 

そんな考えで、

もしもアフィリエイトから、Amazonアソシエイトに切り替えようかな?

と最近思い始めたところです。

 

Amazonの公式サイトはこちら⇒Amazon

もしもアフィリエイトの公式サイトはこちら⇒もしもアフィリエイト