35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

不労所得で月額13万円を稼いで早期リタイアに挑戦するサラリーマンブログ






間違えて消去した記事を復元させる方法

f:id:kakuyasusim2018:20190406155054p:plain

 

しまった!

ヤバイ!

 

ブログを書いているとウッカリ記事を消してしまうことはありませんか?

 

過去の記事でも直近の記事でも、ちょっと操作を誤るとボタン一つで記事が消えてしまう。

ゴミ箱から復元できれば良いですが、完全消去したら基本的に復元は困難です。

簡単で便利な反面、失敗したときの影響がデカい

 

実は最近私も記事をウッカリ消してしまいました…

寝ぼけてスマホをいじっていたら、気づいたときには完全消去されていました😱

 

ダメ元で色々と調べた結果、無事完全消去した記事を復元できましたので、参考に紹介します。

絶対復元できるという訳ではありませんが、かなり有効な手段ではないかと思います。

 

chromeのキャッシュから復元させる

記事を復元させる方法とは、chromeのキャッシュからデータを復元する方法です。

 

説明するまでもないですが、

chromeというのは、Googleが提供しているウェブブラウザです。

インターネットエクスプローラーとかと同じ、ウェブサイトなどを閲覧するときに使うアレです。

 

記事を削除してしまっても、そのchromeのキャッシュにデータが残っている可能性があるのです。

私は幸いにもそこから復元できました😭

 

具体的な記事の復元方法

削除したデータの具体的な取り出し方を紹介します。

 

まずは落ち着く

誤って記事を消してしまった場合、まずは落ち着きましょう。

慌てても何も良いことはありません。

かえってアレコレいじると逆効果です。

 

インターネットの接続を切る

落ち着いたら、インターネットの接続を切ります。

キャッシュが上書きされたり、データが変わってしまうのを防ぎます。

 

chromeのメニューから「履歴」を開く

chromeのメニューから「履歴」を開きます。

 

f:id:kakuyasusim2018:20190406152554p:plain

 

「履歴」を開くと、今まで使った開いたウェブサイトがズラッと表示されます。

 

f:id:kakuyasusim2018:20190406152656p:plain

 

その中から、記事の内容が書いてありそうなページを開きます。

すると、こんな画面が表示されます。

 

f:id:kakuyasusim2018:20190406152851p:plain

 

インターネットの接続を切っているから当然です。

この画面で右クリックをして「ページのソースを表示」します。

 

すると、良く分からないコードがズラッと表示されると思います。

上手く行くと、その中に記事のデータが!

 

コピペするだけで消した記事を完全復活させることができます。

完全復活はできなくても、記事のテキストデータさえ残っていれば復元に役立ちます。

 

1からもう一度同じ内容の記事を書くのは大変ですからね。

効率が全然違います。

 

まとめ

f:id:kakuyasusim2018:20190406155336p:plain

 

Googleクロームのキャッシュから消去した記事を復元する方法を紹介しました。

 

今回間違って記事を消して思ったのが、

バックアップって大事😞

ちゃんとバックアップを取っていれば、記事が消えても慌てなくて良いですからね。

 

面倒くさくてバックアップ取っていなかったのが失敗でした。

今後はちゃんとバックアップ残します。

 

ちなみに、今回の方法はキャッシュが残っている限り相当古い記事でも復元することが可能です。

私は3か月くらい前までのデータがパソコンに残っていました。

 

皆さまもお気を付けください