35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

不労所得で月額13万円を稼いで早期リタイアに挑戦するサラリーマンブログ






リートの分配金で生活するために必要な資金

f:id:kakuyasusim2018:20190118030255j:plain

 

「リートの分配金だけで生活をするためには、元手資金はいくら必要かな?」


こんなことを計算してみました。

 

以前に「株の配当金」で生活するために必要な資金を計算したことがありましたが、今回はその「リート」版です。

 

以前の株の配当金の記事はこちらです。

www.sigotoyametai.me

 

リートの分配金は、株の配当金よりも利回りが高いことで有名ですからね。

当然、株よりも必要資金は少なくて済むだろうという目論見です。

 

では、

以前定めた収入目標である、「月額13万円!」(年額156万円)をリートの分配金で貰うためには、いったいいくら必要なのか。

早期リタイアを妄想しつつ、アレコレと計算してみました。

 

 

リートの分配金で月額13万円貰うために必要な資金

リートは「Jリート」で計算してみます。

 

Jリートの平均利回りは、2019年1月17日現在で4.08%となっています。

最も高い利回りは、タカラレーベン不動産投資法人の6.93%です。

 

  • Jリート平均利回り:4.08%
  • 最高利回り:6.93%

 

「平均利回り」と「最高利回り」、それぞれで計算してみます。

 

Jリート平均利回り4.08%で計算

ズバリ結論から

およそ3800万円の資金が必要となるようです。

 

【計算】156万円÷4.08%≒3823万5294円

 

高配当株とあまり変わらない結果です。

むしろ株の方が株主優待も含めればお得感があります。

 

最高利回り6.93%:タカラレーベン不動産投資法人で計算

またまた結論から

およそ2250万円の資金が必要となるようです。

 

【計算】156万円÷6.93%≒2251万0822円

 

Jリート平均や高配当株よりだいぶ必要資金が減りました。

少なくない金額ですが、リタイアできると考えればそれほど多い金額でもありません。


まあ、1銘柄に集中投資なんて怖くてできませんけど…。

タカラレーベン不動産投資法人と心中する覚悟がある人には良いかもしれません。

 

 

リートの分配金で生活するための資金まとめ 

f:id:kakuyasusim2018:20190104020018j:plain

 

リートの分配金で生活するために必要な資金は、

【Jリート平均利回り4.08%】:約3800万円
【最高利回り(タカラレーベン不動産投資法人)6.93%】:2250万円

 

だいたい2000~4000万円くらいがあれば、Jリートの分配金で生活は出来そうです。


計算してみたら、意外と必要資金が少ない?と思っちゃいました(*´▽`*)

もちろんカツカツの生活を前提とした生活費ですけど。

とても贅沢なんかできません。

 

目標としている5年後というのはムリですが、一生懸命頑張れば、定年まで働かなくても何とかなりそうな金額では?

 

年間200万円を10年間貯めて退職したら、たぶんこのくらいの金額にはなります。

【計算】年間200万円×10年+退職金α

 

年間200万円は、ボーナス全額と毎月6万円くらいの貯金で作れます。

【計算】ボーナス年間130万円+毎月6万円×12か月=202万円

 

以上、リートの分配金で生活するための資金を計算してみました。


が、

リート1本で行くのはムチャな気がします。

理想としてはリート1本ではなく、3000万円くらいの資金を年利5%くらいで分散投資が出来ればバランスが良さそうだなぁと何となく思いました。


3000万円×5%=150万円(年間)

150万円÷12ヶ月=12万5000円(1ヶ月)