35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

サラリーマンの早期リタイア挑戦ブログ

Googleアドセンスの規約違反(自己クリック)を予防する方法

f:id:kakuyasusim2018:20181127012319j:plain

 

Googleアドセンスの規約違反行為の一つに「広告の自己クリック」があります。

アドセンスのプログラムポリシーを詳しく読んだことのない人でも、感覚的にやっちゃダメと分かりますよね。

広告クリックで報酬が発生するのに、それを自分でやってしまうのは明らかな不正です。

 

でも、

やっちゃダメと分かっていても、自分のブログのデザインや記事を確認していて、うっかりミスクリックしちゃう場合も、たまにありますよね。

私は小心者なので、そのたびに、ヤベッ!どうしよう・・・と心配になってました。

 

そこで、今回は、

・アドセンス広告を自己クリックしたらどうなるのか?

・自己クリックを予防する方法

について紹介します。

アドセンス広告を自己クリックするとどうなる?

アドセンスヘルプのページにはこんなことが書いてあります。

お客様のアカウントで無効なトラフィックが多数検出された場合、広告主様とユーザーを保護するために、アカウントを停止または無効化させていただく場合があります。

無効なトラフィックの定義 - AdSense ヘルプ

 

無効なトラフィックの代表例の一つに自己クリックがあります。

つまり、自己クリックを何回もすると、最悪の場合、

 

アカウントの停止または無効化がされる!

 

ということです。

 

大変です。一大事です。

せっかくGoogleアドセンスの厳しい審査に合格したのに、アカウントが停止されてしまう。

ネットの情報を見ていると、アカウントが停止されると再開は相当困難のようです。

 

とすれば、自己クリックしないように相当慎重になる必要があります。

 

間違って自己クリックしたらどうしたら良い?(対処法)

自己クリックはヤバイ!と言っても、それでも間違ってクリックしちゃうことがありますよね。

 

だって人間だもの。

 

そんなときどうしたら良いか?

これもアドセンスヘルプのページに記載がありました。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

アカウントを適正に運営する - AdSense ヘルプ

 

簡単に言うと、

 

間違ってクリックすることもあるし、特別に連絡しなくて良いよ。

 

ということです。

 

何と理解のある優しいお言葉でしょうか。

たぶん1,2回くらいの誤クリックなら許してくれそうです。

 

まあ、だからと言って注意しなくて良いという訳でありませんが、ホッとします。

 

自己クリックを予防する方法

間違った自己クリックで心配になるくらいなら、初めからクリックできないようにしておくのが安心です。

 

ウェブブラウザにGoogleのchrome(クローム)を使っている人限定ですが、chromeの拡張機能を使うとアドセンス広告がブロックできます。

 

chromeウェブストアで「Google Publisher Toolbar - Chrome Web Store」というのをインストールすると、ツールバー上に、こんなアイコンが増えます。

f:id:kakuyasusim2018:20181127005422p:plain


このアイコンをクリックすると、こんなメニューが表示されるようになります。

f:id:kakuyasusim2018:20181127005419p:plain

 

アドセンスの収益額が表示されるほかに、右下の方に「広告オーバーレイ」というスイッチがあり、これを「ON」にすると、広告がクリックできないようにブロックされます。

 

次の画像の黄緑色になっている部分がブロックされている広告です。

 

f:id:kakuyasusim2018:20181127005416p:plain 

 

これなら安心ですね。

 

アドセンス広告の自己クリックまとめ

アドセンス広告の自己クリックは禁止されています。

規約に違反して何回も自己クリックすると、最悪の場合アカウントが停止されてしまいます。

 

1、2回くらいの誤クリックと判断される範囲では、間違って自己クリックしても特別報告等は不要ですが、何回クリックすると故意のクリックと判断されるかは明確にはなっていませんので、1回でも誤クリックしないように慎重になった方が安心です。

そもそも故意のクリックは1回だろうが何だろうが禁止ですし。

 

chromeの拡張機能を使うことで広告をクリックできないようブロックすることが可能ですので、誤クリックが心配な場合は導入してみてください。