35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

サラリーマンの早期リタイア挑戦ブログ

GoogleアドセンスのPINコードが届かないときに確認すること

f:id:kakuyasusim2018:20181027134926j:plain

どうもこんにちは。

MIRAです。

 

Googleアドセンスの収益が1000円を超えると送付されるハズのPINコードが届きません。いつ届くのかと首を長くして楽しみに待っていましたが、ワクワクがハラハラに変わりつつあります。

いつまで経っても届かなくてちょっと心配になったのでPINコードが届かない時に確認することをチェックしてみました。

GoogleアドセンスのPINコードとは

GoogleアドセンスのPINコードとは、アドセンスの収益が1000円を超えるとGoogleから送付されてくるパスワードのようなものです。

収益が1000円を超えるとアドセンスの管理画面に次のような表示がされます。

f:id:kakuyasusim2018:20181027130529p:plain

これによりアカウントの住所確認が行われて、その後に振込先の口座情報が入力できるようになります。

つまり、PINコードの入力による住所確認ができないと、

いつまで経ってもアドセンスで稼いだお金が受け取れない!

ということです。絵に描いた餅状態です。

PINコードの入力期限

「どうせアドセンスの収益は8000円を超えなければ振り込まれないのだから、のんびり待っていたら良いんじゃない?」

と思いがちですが、そうはいかないようです。

 

PINコードが初めて発行された後、4か月以内にPINコードを入力しないと、アドセンス広告が停止される!

 

アドセンス広告が停止されるのは困ります。せっかく厳しいアドセンスの審査に合格したのに無駄になってしまいます。入金はずっと先のことかもしれませんが、PINコードが届かない場合は、早めに対応することが必要です。

PINコードの送付期間

アドセンスのPINコードの送付は、アドセンスの管理画面によると、

PINコード作成の3~5日後に郵便で発送され、2~4週間ほどで届くのが通常のようです。

 

私の場合、PINコードが作成されたのが2018年9月19日ですので、そこから5日後に発送されたとしても、10月24日ころまでには通常届いているハズです。

しかし、10月27日現在PINコードは届いていません。

これは大変です。なんとかせねば。

アドセンスのPINコードが届かないときに確認すること

PINコードが届かない一番多い原因は、

住所が間違っている。

これが多いようです。そりゃあ届きませんよね。住所が違っていたら。初歩中の初歩です。

家電製品の説明書に最初に書いてある、

「電源はコンセントに差さっていますか?」

と同じレベルです。半分ボケが入っているミスです。

 

ということで、入力されている住所を確認してみました。

f:id:kakuyasusim2018:20181027130526p:plain

黒塗りしている部分に住所が記載されています。

うん。住所の入力は間違いないようです。

 

ちなみに、注意が必要なのは、都道府県名の入力漏れでもPINコードが届かないことがあるようです。市町村名以下が合っていてもダメです。

それでも届かない時は

PINコードは3回まで再送付をしてもらえるようです。

ただし何回でも送ってもらえるわけではなく、

☑ 再送信申請は3回まで
☑ 再送信申請をすると、次に再送信申請できるのは3週間後

という制限があるようです。

3回申請しても届かない場合

どうしてもPINコードが届かない場合の最後の手段として、

写真付きの身分証明書データをGoogleに送信する!

ということで本人確認をする方法があるようです。

 

ただし、これが使えるのは、3回PINコードを再送信してもダメな場合だけです。

3回再送信に失敗すると、アドセンスの管理画面で手続きの詳細が確認できるようになるようです。

まとめ

以上、GoogleアドセンスのPINコードが届かないときに確認することをチェックしてみました。

郵便事情により届く期間は異なるとの注意書きもありますので、あと1週間程度待っても届かない場合は、再送付申請をしようと考えています。アドセンス広告の停止がされる心配があるので、4か月以内には決着をつけたいところです。