35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

サラリーマンの早期リタイア挑戦ブログ

より効果的に人気エントリーに掲載される方法を考えてみた

ここ数日の間に2回「はてなブックマーク」の人気エントリーに掲載されました。

いわゆる「ホッテントリ」というヤツです。

こんな短期間のうちに2回も掲載していただけたのは大変ありがたいことです。

最近ブログの更新が楽しくて仕方ありません。

 

掲載された記事は9月23日9月26日の記事です。

www.sigotoyametai.me

www.sigotoyametai.me

 

この2記事が人気エントリーに掲載されました。

 

しかし、

1回目と2回目でアクセス数の増加が大きく異なる結果となりました。

1回目がベラボウにアクセス数が増えたのに対し、2回目は全然それほどでもなかったという両極端な結果になりました。

 

今回は、その結果の違いについて検討してみました。

それにより、より効果的に人気エントリーに掲載される方法を考えてみました。

アクセス数の違い

まず、初めに1回目と2回目のアクセス数の違いを示します。

1回目の掲載

f:id:kakuyasusim2018:20180927020738j:plain

1回目は、人気エントリー掲載日とその翌日の2日間で合計約5000のアクセス数がありました。

棒グラフが極端に飛び抜けていますね。。。

1日目 2927アクセス
2日目 2161アクセス

2回目の掲載

f:id:kakuyasusim2018:20180927020510j:plain

2回目は、人気エントリー掲載日だけの数字ですが、1日で約500弱のアクセス数がありました。

 

1時間単位のグラフも示します。

f:id:kakuyasusim2018:20180927015831j:plain

掲載直後だけアクセス数が増えていますね。

それでもMAX109と、1回目の4分の1くらいの数です。

 

原因分析

どうしてこんなにアクセス数に違いが生じたのでしょうか?

考えてみました。

記事の内容

まず、記事内容は当然違いがあります。

1回目 アドセンスで稼ぐための記事
2回目 はてなブックマーク禁止事項違反

 

どうみても1回目の方が面白そうですよね。

当然これが影響していることの1つであることは間違いないと思います。

 

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像にも違いがありました。

アイキャッチ画像というのは記事一覧に表示されている画像のことです。

1回目 札束と文章(ブログで月額3万円)
2回目 驚いている人と文章(パート2知らなかった!)

 

インパクトは1回目の方がありますね。

2回目はたぶん画像だけでは意味が分かりません。

 

記事タイトル

記事タイトルの違いもありました。

これは、タイトル文言がどうこうという訳ではなく、表示のされ方です。

1回目と2回目それぞれどう表示されたか示します。

1回目

f:id:kakuyasusim2018:20180924151850j:plain


2回目

f:id:kakuyasusim2018:20180927015833j:plain

 

1回目は記事タイトルで何となく内容がわかります。

しかし、2回目は記事タイトルが途中で切れていてどんな内容の記事なのか全くわかりません。

 

どちらを見てみたいか。

表示のされ方のインパクトが全然違います。

 

エントリー掲載日時

新着・人気エントリーに掲載された日時が全く異なります。

1回目 休日午後3時ころ
2回目 平日午前7時ころ

 

1回目は休日午後3時ころで、多くの人がスマホをイジっていると思われる時間帯です。なおかつ、その後さらにスマホの利用が増加しつつある時間帯です。

それに対し、2回目は平日午前7時ころで、通学・出勤時間帯で一時的にはスマホ利用者が増えますが、その後は減少していくような時間帯です。

 

案の定、2回目の記事は一瞬だけ人気エントリーに掲載されて、あっという間に沈んでいきました。

 

波及効果

1回目のときは「はてなブックマーク」の「特集」ページへの掲載と「Google chrome」のおすすめの記事への掲載がされていました。

おそらくアクセス数増加から波及したことによる掲載ではないかと思われます。

 

これにより、更なる流入が生じました。

 

対策

以上、1回目と2回目でいろいろと違いがあることが分かりました。

その違いにより、アクセス数の増加も大きく異なる結果となったようです。

 

では、どうすれば1回目と同様に大量のアクセスが集められるか。

 

一言でいうと「インパクト」なのかなぁという気がします。

 

エントリーに掲載されても、まずは開いて貰えなければ意味がありません。

ページを開いて貰うためには、

・一覧画面で目立つようなアイキャッチ画像を設定し、
・記事タイトルからどんな内容の記事か判読できるようにしつつ、
・開いてみようと思わせるようなインパクトのあるタイトルを付ける。

これが良いのではないかと思います。

タイトルは多少あおり気味の方が効果があるという記事もネットで見ました。

 

さらに、記事を掲載する時間帯は、

スマホ利用者が多くいる時間帯
つまり休日や平日の夕方以降

がより多くの人に見られるのではないかと思います。

(その分ライバルも多いのでしょうが。。。)

 

まとめ

「はてなブックマーク」の新着・人気エントリーに掲載されると、一時的とはいえ爆発的なアクセスアップが期待できます。

しかし、掲載方法が良くないと、今回のようにいまいちパッとしない結果になることもあります。

漫然と記事を更新しているだけでは、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

せっかくエントリーに掲載していただくのであれば、最大限活用したいところです。

 

記事を更新する際は、エントリーに掲載されるかどうか分かりません。

でも、もしかすると掲載されるかもしれません。

可能性があるのであれば、せっかくのチャンスを逃さないように、それなりの対策をして記事を更新するのが良いのではないでしょうか。