35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

サラリーマンの早期リタイア挑戦ブログ

【レビュー】ASUS E203MAを1週間くらい使った感想

 先日購入したブログ用のノートパソコンの使用感想レビューです。

パソコンは「ASUS E203MA」です。

 

カタログスペック

まず、カタログスペックは次のとおりです。

CPU:Celeron N4000(Gemini Lake)1.1GHz/2コア
OS:Windows10 Home64bit
メモリ:4GB
画面サイズ:11.6インチ
本体サイズ:幅×高さ×奥行:286×116.9×193mm
バッテリー:14.6時間
重さ:約1kg
インターフェース:HDMI端子、USB3.0×2個、Type-C、microSDカードスロット

 

個人的に気に入ったポイントとしては、

特に、メモリ4GBバッテリー持ちの良さ、重さ1kgという点です。

 

では、実際に使ってみた感想です。

 

外観

まずは外観です。

まあ外観は、プラスチックなので高級感はありません。

しかし、逆にそれが気軽に雑に使えて「〇」です。

 

私の性格的に、やたらと高級感のあるものは扱うときに必要以上に慎重になります。

ピカピカのスマホなんかは指紋が付くのも気になってしまいます。

なので、スマホは必ずケースに入れて使っています。

 

その点、このE203MAは、良い意味で高級感がありません。

プラスチックなので指紋がついても目立ちません。

画面のフチも1cmくらいあるので、開閉の際に気をつかうこともありません。

 

最近はスマホもですが、画面のフチが狭いベゼルレスが流行っています。

個人的には、ノートパソコンの場合は画面のフチがそれなりにあった方が安心です。

まあ、ありすぎてもアレですが。

フチが多少はないと、画面にダイレクトに触れてしまいそうで怖いです。

薄くなってますし、何かヒビが入りそうで・・・。

画面の強度はどうなんでしょうね?

ちなみに、スマホの場合は、本体小さく、画面大きいフチなしの方が好きです。

 

ということで、

外観的には、プラスチックで高級感はありませんが、それが逆に変に気を使う必要がないため、普段使いには良い感じです。

そのままカバンに放り込んでも平気そうなチープさがあります。

 

バッテリー 

次は、バッテリーです。

 

初めは、カタログスペックの14.6時間も持たないかなぁと思いました。

14時間も使ってないのに、気付くと「充電してください」と表示されましたので。

それでもかなりの時間使えたので、「まあ、カタログスペックだし。車の燃費と同じで、実際はそんなに持たないよね。」と納得していました。

 

ところが、

昨日気付いたのですが、バッテリーアイコンをクリックすると、「電源モード」が表示されます。

バッテリー消費量が異なる、4段階でモードの切り替えができるようです。

今までは、バッテリー消費が上から2番目の「高パフォーマンス」で使っていたようです。

 

一番バッテリーの消費が少ない節約モードに切り替えたところ、使用可能時間が3,4時間延びました。

実際に100パーセントから0パーセントになるまでの時間を計ったことはないので、本当に3,4時間使用時間が延びているのかは分かりませんが、バッテリー切れに対する安心感が増しました。

外で使う場合も、無駄に充電コードを持ち歩かなくてよさそうです。充電コードって意外と邪魔になるんですよね。

 

節約モードは、画面が少し暗くなり、たぶんパフォーマンスも低下しているのでしょうが、ネットを見たり、ブログを書くくらいでは全く影響を感じません。

 

ということで、

バッテリー持ちは非常に良いです。日中は仕事で、夜しかパソコンを使わないような人は、3日に1回充電するくらいで足りそうです。

 

サイズ・重さ 

次はサイズと重さです。

サイズ比較のため500円玉を乗せてみました。

f:id:kakuyasusim2018:20180831142825j:plain

A4サイズの紙よりも一回り小さいくらいです。

ウェブサイトの閲覧やブログを書くのにはちょうど良いくらいです。

 

ただ、

動画を見たりするのにはちょっと小さく感じます。

動画を見たいなら、もう少し大きい画面サイズをオススメします。

 

重さは1kgと軽いです。

飼ってる猫の半分以下の重さです。

カバンに入れても負担になりません。

猫じゃないですよ。パソコンです。

 

処理性能 

次に処理性能です。

 

今のところウェブ閲覧とブログを書く程度しか使っていませんが、全く不便は感じません。

操作にもたつくことはありません。

画面の切り替えなどもキビキビ動きます。

ゲームや動画編集などヘビーな使い方をしなければ、十分な性能だと思います。

 

その他の良いところ

起動がやたらと速いです。

10秒くらいでログイン画面が表示されます。

ストレージがeMMCだからでしょうか。

起動時間が長いと、パソコンを使うのが億劫になるので助かります。

 

私が今まで使っていたパソコンは1分くらいかかっていたので、スゴク速く感じます。

ストレージがSSDだともっと速いのでしょうか。

 

外付け不要でWIFIに接続できます。

最近のパソコンはどれも初期装備しているのでしょうか。

有線接続は不便なので助かります。

逆に優先LANポートは付いていません。

 

安いです。

今のところ、3万5000円くらいで購入できます。

 

私の感覚では、それなりのパソコンを買うとなると、安くても10万円程度はするという感覚でした。

それ以下のものとなると、何だか怪しい中古品というイメージでした。

 

このパソコンは、スペックからすると相当コストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

 

画面が180度まで開きます。

まあ、180度まで開いて使うことはまずないのですが、可動範囲が広いと何だか気持ちイイです。

 

microSDスロットがある。

ストレージ容量が64GBしかないので、本体に写真などをたくさん保存するのには向いていません。

microSDスロットが付いているので、SDカードを差しておけば容量不足を補えます。

今の時代、3000円程度で128GBのmicroSDカードが買えるのですね。安くて驚きです。

by カエレバ

悪いところ

どのノートパソコンも同じですが、マウスがないと操作しずらいです。

あの小さい操作パネルでカーソルを操作するのはストレスです。

外付けでマウスを接続すれば問題ありません。

by カエレバ

ワイヤレスのUSBマウスでも1000円チョットくらいで購入できます。

セットで購入することをオススメします。

 

 

上記のとおり、ストレージ容量が64GBしかないので本体へのデータ保存には向いていません。

しかし、外付けかクラウドを利用して対応すれば問題ありません。

 

そのほか今のところ悪いところは見当たりません。

パソコンに詳しい人からすると、いろいろと有るのかもしれませんが、そんなマニアックな人以外には問題らしい問題はないのではないでしょうか。

 

注意事項

AUSU E203MA」と似たようなパソコンに「AUSU E203NA」があります。

 

「AUSU E203NA」は前のモデルになります。

「ASUS E203NA」はメモリ2GBとメモリ4GBの2バージョンがあるようです。

値段はそれほど変わらないので紛らわしいです。

 

「ASUS E203NA」と「AUSU E203MA」の違いとして大きいのは、CPUの違いがあるようです。

CPUはパソコンの処理速度に影響するので、前のモデルを間違えて買わないように注意が必要です。

 

↓これが【E203MAです。

by カエレバ

↓これが【E203NAです。

by カエレバ

 

うん。

並べてみても違いが分かりませんね。 

まとめ

以上、

1週間くらい使ってみての感想です。

購入して大正解でした。

非常に満足できる買い物でした。