35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

サラリーマンの早期リタイア挑戦ブログ

googleアドセンスの審査で「サイトは審査不能」になる原因

先日の記事のとおり、googleアドセンスの審査で2回「サイトは審査不能」となりました。

その後、引き続きネットで調べた結果、「サイトは審査不能」の原因が何となく分かりました。

ちなみに何か明確な裏付けがある訳ではありません。

ネットの情報や、結果から考えると、“そうなのではないか”という想像です。

 

www.sigotoyametai.me

 

「サイトは審査不能」になる原因とは、プレビュー画面を審査されている疑いです。

 

プレビュー画面が審査された結果、「サイトは審査不能」になるということ自体はネットで検索するとたくさん出てきます。

このこと自体は間違いない事実と思われます。

 

アドセンスの審査の際には、ブログにアドセンスから指定されたコードを張り付ける必要があります。

そしてそのコードは、ブログの全てのページに表示されるようにします。

 

ここからが不確かな情報ですが、

このコードが張り付けられたページの表示数が多い順番に審査がされている可能性があります。

 

はてなブログでは、記事を書いた後に、実際にどのように表示されるのか確認するためのプレビュー表示ができます。

プレビュー表示をした場合も、コードが張り付けられたページを表示したことになります。

そのため、プレビュー表示をたくさんすると、「表示回数が多いページ=プレビュー画面」となってしまいます。

その結果、「プレビュー画面=審査対象ページ」となってしまうのではないでしょうか。

プレビュー画面のアドレスを後から入力しても表示することはできませんので、残念ながら「サイトは審査不能」になるという考えです。

 

アドセンス審査中は、プレビュー表示をしないようにした方が良いということは、WordPressなどでブログをしている場合の注意事項としてはネットにたくさん書いてありました。これと同じことが、はてなブログでも起きているのではないでしょうか。

 

確かに、「サイトは審査不能」になったときは、頻繁にプレビュー表示をしつつ記事の更新をしていました。だって、ネットの情報では、審査中はできるだけ毎日記事を更新した方が良いと書いてあったからです。

 

逆に、「サイトが工事中、またはコンテンツの量が不十分」とちゃんと審査されたときの状況は、なかなか結果が来なかったため、更新を控えてたときでした。

 

さらにそう思わせる根拠があります。

googleアナスティックというブログのアクセス数等を分析できるサービスがあります。

そのアナスティックで「ページビュー数」を確認してみると、圧倒的に「/preview」というページの数が多いのです。

対象期間をどう区切っているかは分かりませんが、やはり表示数が多いページから審査されているように思われます。

 

3回目の申請をした直後に記事を更新したため、何も知らずにプレビュー表示をたくさんしてしまいました。

今さら不安になっています。

また「サイトは審査不能」となるか、審査できるようになりまでしばらく待たされるか、どうなることか。

受験の合格発表を待つ気分です。