35歳で計画した早期リタイア計画は40歳で実現できるか

サラリーマンの早期リタイア挑戦ブログ

【5年間で早期リタイアのミソ】収入源は複数持つと良いらしい。

リタイアをする場合、収入源は複数持っているとリスク分散になって良いらしいです。


確かに、収入源が1つだけだと、それがダメになった場合、一貫の終わりですね。

投資格言の一つにも、「卵を一つのカゴに盛ってはならない」というものがあるそうです。意味としては、カゴを落とした時に、全ての卵が割れてしまう(資産を全て失ってしまう)ということから、リスク分散の重要性を示しているそうです。


そうなったら、せっかく一度リタイアしたのに、生きるためにまた仕事を探さないといけません。無職期間も長くなっているでしょうから、再就職は相当苦労するでしょうね。

 

そうならないためにも、リタイアする場合は、出来るだけたくさんの収入源を確保しておくことが重要なんですね。

 


この話を知って、そのほかに個人的に思ったことが、

「収入源がたくさんあるなら、1つ1つの収入は少額でも良いんじゃね?」

ということです。

 

1つの収入源だけで生活できるだけの収入を得ようとすると、相当頑張らないといけませんが、例えば1個あたり1万3000円の収入源を、10個作るという方が簡単そうじゃないですか?

 

10個はさすがに言いすぎましたが、1個3〜4万円くらいの収入源を4個作れば、それで「月額13万円!」が達成できます!1個5万円の収入源なら2.6個ですね!

晴れてリタイアです。お疲れ様でした。

 

この辺に、今から5年間でリタイアするための重要なミソが隠されているのではないかと考えています。