雑記

株式の配当金で生活するためにはいくら必要か?

更新日:

f:id:kakuyasusim2018:20180818222420j:plain

「株式の配当金だけで生活をするためには、元手はいくら必要か?」

毎日、ボーと通勤している途中に、この様なことを考えています。

「株式の配当金」という部分は、日によって「FXのスワップ」であったり、「ネット転売」であったりと異なりますが、だいたい同じような内容です。

そんなことを考えながら、気を紛らわして、行きたくない会社に騙し騙し出勤している日々です。

さて、前置きはこの辺にして、問題に対する回答です。

以前定めた収入目標である、「月額13万円!」(年額156万円)を貰うためには、いったいいくら必要なのでしょうか。

アレコレと計算してみました。

 

株式の配当金で月額13万円貰うために必要な資金

株式の配当利回りの平均値をネットで調べると、ざっくり言って年1〜2%くらいのようです。

楽観的に、2%で計算してみると、およそ7800万円の元手が必要となるようです。

【計算】

7800万円✕2%=156万円

高配当と言われるような、配当利回り4%で計算すると、元手は半分の3900万円で良いことになります。

 

株式には株主優待もある!

さらに、株式には配当だけではなく、株主優待というものも存在します。

もう有名なのでご存知だと思いますが、株主優待というのは株式を保有していることで受けられるサービスのことです。

その会社の商品だったり、クオカードだったり、食事券だったり、会社によっていろいろなものがあります。

最近は配当よりも株主優待の方に興味のある人が多いのではないでしょうか?

それによって配当金額以上の生活は出来るでしょう。

株式の配当で生活するためのまとめ

株式の配当金で生活するために必要な資金は、

  • 配当利回り1~2%(全株式平均) ⇒ 7800万円
  • 配当利回り4%(高配当株) ⇒ 3900万円

資金7800万円、あるいは3900万円という金額は大きすぎです。

とても5年間で準備することは不可能です。

3900万円としても、1年間で780万円ずつ貯金しないといけませんから。

軽く年収を超えてしまっています。

とすれば、現状で株式のみでリタイアすることは不可能です。

他の方法を考える必要があります。

具体的に計算してみなくても分かっていた当然の結論でした。

よく読まれている記事

-雑記

Copyright© 40歳リタイア計画 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.